最新のレース情報は Jサイクルロードシリーズオフィシャルサイトに移動しました。こちらのページでは過去のレースのアーカイブをご覧いただけます。

第53回 JBCF 西日本トラック

  • 2019年5月5日
  • 和歌山競輪場
  • JPT 
  • JET 
  • JFT 
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAAA
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JPT OPEN
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC
  • JCS

SUMMARY

05/05 コミュニケを掲載
05/04 インフォメーション3を掲載
04/30 インフォメーション2を掲載
04/26 レーサーリスト(更新)、時程表、番組表を更新
04/26 レーサーリスト(更新)、時程表、番組表を掲載
04/15 レーサーリスト掲載
04/13 インフォメーション1(競輪宿舎の斡旋)を掲載
04/01 エントリーを開始しました(締切:4/14(日))
03/31 欠場届を掲載
03/31 競技進行順予定表を掲載
03/22 大会実施要項を掲載

大会実施要項(PDF)

MAPS

和歌山県和歌山市五筋目10−1

REPORTS

JBCFトラックシリーズ第1戦

開催種目・距離
男子:スプリント、1kmタイムトライアル、4km個人追抜競争、ケイリン、スクラッチ(10km)、ポイントレース(30km)、チームパーシュート(4km)、チームスプリント(400m×3)
女子:500mタイムトライアル、3km個人追抜競争、ケイリン、スクラッチ(8km)、チームスプリント(400m×2)

JBCFトラックシリーズの第1戦となる「第53回JBCF西日本トラック」が、和歌山県和歌山市の和歌山競輪場で開催された。昨年は悪天候により中止となったため、2017年以来2年ぶりの開催となった。

男子はスプリント、1kmタイムトライアル、4km個人追抜競争、ケイリンなど8種目、女子は500mタイムトライアル、3km個人追抜競争、ケイリン、スクラッチの5種目が行われた。

■男子スプリント

予選の200mフライングタイムトライアルで唯一10秒台を出した伊藤信(岩井商会レーシング)が、順当に勝ち上がって決勝戦へ。同チームの藤井昭吾との対決を制して優勝し、3位までを岩井商会レーシングが占めた。

スプリント 結果
1位 伊藤 信(岩井商会レーシング) 10秒796(予選時)
2位 藤井昭吾(岩井商会レーシング) 
3位 畑段嵐士(岩井商会レーシング) 

■男子1kmタイムトライアル・女子500mタイムトライアル

男子1kmタイムトライアルは、唯一1分5秒台をマークした大屋健司(ベロチスタ)が優勝。女子は石中葵(Team ZERO UNO FRONTIER)が38秒台の好タイムで優勝した。

男子1kmタイムトライアル 結果
1位 大屋健司(ベロチスタ) 1分5秒672 1分5秒672
2位 篠原龍馬(マリンゴールドTT・SOYOタイヤ・福ちゃん新聞) +1.420秒
3位 長野耕治(EHIME ANYTHING GOES) +2.494秒

女子500mタイムトライアル 結果
1位 石中 葵(Team ZERO UNO FRONTIER) 38秒970
2位 中村文香(チームローマン) +2秒795
3位 奥平厚子(Team ZERO UNO FRONTIER) +4秒036 

■男子4km個人追抜競争・女子3km個人追抜競争

男子は二階堂尚志(チーム・ウォークライド)が優勝。女子は中村文香(チームローマン)が優勝した。

男子4km個人追抜競争 結果
1位 二階堂尚志(チーム・ウォークライド) 5分1秒638
2位 山田哲治(マリンゴールドTT・SOYOタイヤ・福ちゃん新聞) +14秒795
3位 清水洋一(FAST LANE Racing) +28秒315

女子3km個人追抜競争 結果
1位 中村文香(チームローマン) 4分16秒260
2位 宮田菜摘(フィトンチッドRT) +10秒274
3位 三井由香(ベロチスタ) +1分25秒365

■男女ケイリン

予選を経て6人で行われた男子決勝は長野耕治(EHIME ANYTHING GOES)が優勝。女子は大坂智加(Team ZERO UNO FRONTIER)が優勝した。

ケイリン 男子結果
1位 長野耕治(EHIME ANYTHING GOES) 
2位 岡田 真((マリンゴールドTT・SOYOタイヤ・福ちゃん新聞)
3位 佐々木俊輔(m&m cycle factory)

ケイリン 女子結果
1位 大坂智加(Team ZERO UNO FRONTIER)

■男女スクラッチ

10kmで行われた男子は岡本隼(TRACK TEAM AISAN)が優勝。8kmで行われた女子は大坂智加(Team ZERO UNO FRONTIER)が優勝した。

男子スクラッチ 結果(10km)
1位 岡本隼(TRACK TEAM AISAN) 12分14秒130
2位 高橋伸成(FIETS GROEN日本ロボティクス)
3位 舛井幹雄(m&m cycle factory)

女子スクラッチ 結果(8km)
1位 大坂智加(Team ZERO UNO FRONTIER) 12分21秒222
2位 石中 葵(Team ZERO UNO FRONTIER)
3位 宮田菜摘(フィトンチッドRT)

■男子ポイントレース

30kmで行われたポイントレースは、TRACK TEAM AISANが圧倒。序盤から逃げた岡本隼が1位通過のポイントを稼ぎ、ラップポイントも加算して優勝。4位までをTRACK TEAM AISANが占める結果となった。

1位 岡本隼(TRACK TEAM AISAN) 71p
2位 渡邊翔太郎(TRACK TEAM AISAN) 57p
3位 草場啓吾(TRACK TEAM AISAN) 56p

■男子チームパーシュート、男女チームスプリント

男子チームパーシュート 結果(4km)
1位 TRACK TEAM AISAN(岡本隼、草場、住吉、渡邊) 4分26秒481

男子チームスプリント 結果(400m×3)
1位 岩井商会レーシング(畑段、窓場、藤井) 1分17秒686
2位 m&m cycle factory(佐々木、西井、広瀬) 1分23秒357
3位 CWASPアタリ前田(久乗、福元、前田) 1分24秒686

女子チームスプリント 結果(400m×2)
1位 Team ZERO UNO FRONTIER(石中、大坂) 1分4秒622

PHOTO ALBUM