第1回 JBCF ふじあざみラインヒルクライム/第6回 JBCF 大井埠頭ロードレース

  • 2017年5月26日〜28日
  • ふじあざみライン、東京都大井埠頭
  • ステージレース/公道
  • JPT 
  • JET13
  • JFT13
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAAA
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JPT OPEN
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC

SUMMARY

06/08 リザルト(個人総合成績-訂正版)を掲載
05/28 リザルト(チーム総合成績)を掲載
05/28 リザルト(個人総合成績)を掲載
05/28 リザルト(大井埠頭ロード)を掲載
05/27 INFORMATIONSに計測タグの受け渡しについてを掲載
05/26 リザルト(ふじあざみライン)を掲載
05/24 インフォメーション5を掲載
05/24 受付・駐車場マップ(大井埠頭ロード)を掲載
05/23 インフォメーション4を掲載
05/23 フィニッシュ後の導線について(大井埠頭ロード)を掲載
05/23 コースマップ(大井埠頭ステージ)を掲載
05/23 交通規制について(大井埠頭ロード)を掲載
05/20 インフォメーション3を掲載
05/20 会場マップ(ふじあざみライン)を掲載
05/20 コースマップ(ふじあざみライン)を掲載
05/18 レーサーリスト(エリート)を掲載
05/16 レーサーリスト(フェミニン)を掲載
05/10 インフォメーション2を掲載
05/01 インフォメーション1を掲載
04/17 ライセンスについての諸注意を掲載
04/07 エントリーを開始(締切05/14・日)
04/05 大会要項を掲載
03/30 INFORMATIONSにステージレース開催についてのご案内を掲載
03/27 JFTシリーズは「第1回 JBCF ふじあざみラインヒルクライム」で実施

 

大会実施要項(PDF)

INFORMATIONS

5/27更新:計測タグの受け渡しについて(大井ステージ)

下記の選手は大井ステージの際に、受付テントに計測タグを受け取りに来ること

No 選手名
301 山野内 徹
304 生田目 修
306 中井 光博
312 金田 一
323 番場 慶太郎
326 井出 貴士
327 若松 武史
329 小川 克広
331 椎貝 竜哉
332 田口 紀昭
335 瀬田 昌彦
336 和田 健二
339 谷本 健
341 小林 成輔
343 今井 勇太
344 中川 祐輝
345 高橋 叶平
346 小清水 拓也
348 羽深 信之
349 棚橋 峻也
350 佐々木 健
352 村上 淳
353 松田 健太
354 谷口 義典
359 藤崎 直哉
360 長谷川 真博
361 石渡 誠一
362 黒川 隆之
363 吉川 勝
365 御堂 力哉
367 桶野 純平
373 堀江 一葉
377 香山 飛龍
383 小口 英之
384 河合 玄太
385 福野 純一
386 岡野 賢司
387 川原 建太郎
388 鈴木 克明
389 福岡 武
390 今井 明
394 乾 悟

3/30更新:ステージレース開催についてとエリートツアー募集内容

⽇本最⼤の国内UCIステージレース、ツアーオブジャパンの主催者である⾃転⾞⽉間推進協
議会の一員でもあるJBCFは、6年前から⼤会運営の一翼を担うとともにその拡⼤発展に寄与
してまいりました。
何よりもツアーオブジャパンに出場する国内チームは全てJプロツアー参戦チームであり、そ
の活躍はJBCFの主催するJプロツアーが国内最高峰のロードレースであることの証ではない
かと考えます。
一方で将来Jプロツアーを目指すJエリートがこの⼤きな⼤会に選手として参加ができないに
対し、ツアーオブジャパンと同じコースを使ったレースに出場できることは、JBCF登録者と
しての⼤きなステータスになると考えます。しかし、ツアーオブジャパンの前座レースとして本
レースに支障を及ぼさない安全な⼤会運営が至上命題となります。
従来のようにクラスタ別に⾏うロードレースは、レベルが均一化できる反⾯、競技時間が短く、
なり、最終スプリントまで多くの選手が⾜をためておくことができ、それが落⾞事故の原因の一
つとも思われます。
昨年3dayʼsRoad熊野でJエリートのステージレースを開催し、クラスタ区分無しの
チーム編成での⾛⼒レベルのバラつきを⼼配しましたが、各チームとも選手の選抜には配慮し
チームとして完⾛できる態勢で臨んでこられました。
今回のツアーオブジャパン併催ステージレースでも同様の結果が得られることを期待できると
思います。
またフェミニンについては、その登録者数から現状チーム戦は実質不可能であることから今⼤
会では個人での参戦として参加機会をできるだけ公平に設けることといたしました。

平成29年3⽉30⽇
一般社団法人 全⽇本実業団⾃転⾞競技連盟
理事⻑ 斧 隆夫

ステージレース開催についてとエリートツアー募集内容(PDF)

PHOTO ALBUM