第4回 JBCF 幕張クリテリウム

  • 2015年11月7日
  • 千葉県立幕張海浜公園
  • クリテリウム
  • JPT 
  • JET36
  • JFT34
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC

SUMMARY

11/09 大会レポート、フォトアルバムを掲載
11/07 リザルトを掲載
11/05 組分け表(E1、E2、E3)を掲載
11/05 大会特別規則を掲載
11/05 インフォメーション1を掲載
11/02 レーサーリストを更新
10/26 レーサーリストを掲載
10/09 大会要項コースマップを掲載  ※エントリーは締切ました(締切10/25)

大会要項(PDF)

MAPS

県立幕張海浜公園

REPORTS

Jフェミニンツアー(JFT)

日付 2015年11月7日(土)
会場 千葉県立幕張海浜公園
距離 E1:1.55km×28周 43.4km  F:1.55km×18周 27.9km

3月に宇都宮クリテリウムで開幕したJBCFロードシリーズ。女子のJフェミニンツアーは全34戦の長い2015年シーズンが、幕張クリテリウムで最終戦を迎えた。

サイクルモードが開催される幕張メッセのお隣、千葉県立幕張海浜公園内に設けられた1周1.55kmの完全フラットなコース。

女子のFクラスタには15人が出走。スタート直後からパナソニックレディースの豊岡英子と坂口聖香の2人がレースを主導し、6周目に坂口が単独で先行。後続集団との差は20秒から30秒と広がる。集団内では追走の足並みが揃わない一方、独走する坂口は1周あたり2分30秒前後のペースを維持して逃げ続ける。レース終盤には坂口と集団の差は1分以上に広がり、集団からは坂口の姿がほぼ見えない状態に。坂口は12周を逃げ切って単独ゴール。2位には、先行した豊岡をスプリントで差した岡本二菜(スミタエイダイパールイズミラバネロ)が入った。

結果
Fクラスタ 27.9km
1位 坂口聖香(パナソニックレディース) 44分47秒
2位 岡本二菜(スミタエイダイパールイズミラバネロ) +44秒
3位 豊岡英子(パナソニックレディース) +45秒
4位 棟近陽子(BH ASTIFO) +46秒
5位 古田佳美(竹芝サイクルレーシング)
6位 小田恵利花(TEAM SPORTS KID) +47秒

Jフェミニンツアー年間総合優勝 伊藤杏菜(Champion System Japan)

Jエリートツアー(JET)

日付 2015年11月7日(土)
会場 千葉県立幕張海浜公園
距離 E1:1.55km×28周 43.4km

3月に宇都宮クリテリウムで開幕したJBCFロードシリーズ。男子のJエリートツアーは全36戦の長い2015年シーズンが、幕張クリテリウムで最終戦を迎えた。

サイクルモードが開催される幕張メッセのお隣、千葉県立幕張海浜公園内に設けられた1周1.55kmの完全フラットなコース。

2組に分けて行われたE1クラスタのレースには、それぞれ29人ずつ、計58人が出走。4周に1回コントロールラインの通過順に与えられるポイントの合計で争うポイントレース形式で行われた。

1組では、ゴールを含め計7回あるポイント周回のうち、前半4回で14点を稼いだクラブシルベストの藤岡徹也がリード。レースが後半に差しかかる頃、その藤岡が落車。2周のニュートラリゼーションで復帰する。その間に伊藤舜紀(ボンシャンス)が3点差に迫るものの、藤岡はゴールで2位3点を獲得して逃げ切った。

2組では、9月の世界選手権に出場した小野康太郎(スミタエイダイパールイズミラバネロ)が1回目と2回目のポイント周回を1位通過し、計10点を獲得。その後レース中盤を石原悠希(栃木県立真岡工業高校自転車部)と佐々木貴則(SEKIYA)の2人が逃げて8点ずつを獲得。しかしレース終盤に2人の逃げが吸収されると、渡邉正光(Link TOHOKU)がポイントを重ねる。最終的に小野と渡邉が13点を獲得して並ぶも、ゴール着順で1位を獲った渡邉が優勝となった。

結果
E1クラスタ1組
1位 藤岡徹也(クラブシルベスト) 17p
2位 伊藤舜紀(ボンシャンス) 11p
3位 柳沼龍佑(TOKYO VENTOS) 10p
4位 辻元尚希(スミタエイダイパールイズミラバネロ) 9p
5位 田中 忍(なるしまフレンド) 5p
6位 阿部航大(ブラウ・ブリッツェン) 3p

E1クラスタ2組
1位 渡邉正光(Link TOHOKU) 13p
2位 小野康太郎(スミタエイダイパールイズミラバネロ) 13p
3位 佐々木貴則(SEKIYA) 11p
4位 石原悠希(栃木県立真岡工業高校自転車部) 9p
5位 北見 涼(TOKYO VENTOS) 6p
6位 山本 敦(湘南ベルマーレサイクル) 5p

Jエリートツアー年間総合成績
個人総合優勝 佐藤信哉(VC Fukuoka)
チーム総合優勝 クラブシルベスト

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

 

PHOTO ALBUM