第2回 JBCF おおいたいこいの道クリテリウム

  • 2015年11月1日
  • 大分県大分市
  • クリテリウム/公道
  • JPT24
  • JET35
  • JFT 
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC

SUMMARY

12/01 完成版ダイジェスト映像を掲載
11/13 速報版ダイジェスト映像を掲載
11/03 リザルト(訂正版)を掲載
11/02 大会レポートとフォトアルバムを掲載
11/01 リザルトを掲載
10/29 お知らせ 公道の走行について記載
10/28 インフォメーション2を掲載
10/26 レーサーリストを更新
10/23 P1(オープン)予選組分け表を掲載
10/23 大会特別規則インフォメーション1を掲載
10/19 レーサーリストを掲載  
10/14 コースMAP会場MAP駐車場及び会場への動線MAP駐車場詳細MAPを掲載
09/16 大会要項を掲載  ※エントリーは締め切りました(締切10/18

大会実施要項(PDF)

INFORMATIONS

10/29更新:公道の走行について(試走時など)

昨年もお願いしましたが、JBCF加盟登録のチーム、選手は、JCFサイトに掲出されている「公道上における安全走行」を読み、未登録レーサーの模範となる行動をお願いいたします。
試走時間以外のウォームアップ走行はご遠慮ください。
トイレの使用などでホルトホールを利用する場合は、スパイクでの入館は禁止されています。
■JCFサイト内
公道上における安全走行について

REPORTS

Jプロツアー(JPT)

宇都宮ブリッツェンが主導権を握った最終戦は青柳憲輝が制する 年間総合優勝は畑中勇介とTeam UKYO

Jプロツアー第24戦
『第2回JBCFおおいた いこいの道クリテリウム』

日付 2015年11月1日(日)
会場 大分県大分市池南一丁目5番1号(JR大分駅南側)いこいの道周辺
距離 P1:1.1kmx30周=33.0km

 3日間で行われたOITAサイクルフェス!!!2015の最終日、11月1日はJR大分駅前のクリテリウム。Jプロツアー全24戦の最終戦が大分市中心市街地で華やかに行なわれた。コースはJR大分駅南側の公園を周回する1周1.1km。同時開催の「おおいたマルシェ」や「おおいたワールドフェスタ2015」などのイベントも手伝い多くの観客が自転車レースを楽しんだ。

 JプロツアーのP1クラスタは予選2組計70名が決勝に進出。オープン参加で大分県出身の黒枝士揮(NIPPOヴィーニファンティーニ)と黒枝咲哉(鹿屋体育大)らも出走。レースは序盤から7名が出走の宇都宮ブリッツェンが先頭を固める。高速で牽引してアタックを許さない走りに対抗し、マトリックスパワータグとTeam UKYOが先頭に出るものの宇都宮ブリッツェンがふたたび先頭を奪い返し終盤へ向かう。

 最終周回に土井雪広(Team UKYO)が同チームの窪木一茂を連れて先頭に出るが、最終ターンで宇都宮ブリッツェンが抜き返し大久保陣の後方から青柳憲輝が抜け出し優勝。大久保も2位となり、最初から最後まで宇都宮ブリッツェンがチーム力と個人の力を見せ付けるレースに。

 3月に開幕したJプロツアー全24戦が終了し、個人総合優勝は畑中勇介(Team UKYO)、個人総合U23優勝は新城雄大(那須ブラーゼン)、チーム総合優勝はTeam UKYOに決まった。

結果
P1クラスタ 33.0km
1位 青柳憲輝(宇都宮ブリッツェン)40分07秒
2位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)
3位 窪木一茂(Team UKYO)
4位 吉田隼人(マトリックスパワータグ)
5位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
6位 ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)

Jプロツアー年間総合成績
個人総合優勝 畑中勇介(Team UKYO)
個人総合U23優勝 新城雄大(那須ブラーゼン)
チーム総合優勝 Team UKYO

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

VIDEOS

PHOTO ALBUM