第2回 JBCF おおいたサイクルロードレース

  • 2015年10月31日
  • 大分県大分市
  • ロードレース/公道
  • JPT23
  • JET34
  • JFT33
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC

SUMMARY

12/01 完成版ダイジェスト映像を掲載
11/12 速報版ダイジェスト映像を掲載
10/31 リザルト、大会レポート、フォトアルバムを掲載
10/29 お知らせ 公道の走行について記載
10/23 大会特別規則を掲載
10/22 コースMAP(補給所掲載版)を掲載
10/22 レーサーリストを更新
10/21 前夜祭 時間変更のお知らせ
10/19 レーサーリストを掲載
10/15 コースMAPを掲載
10/14 会場MAP駐車場動線MAP前夜祭 会場位置MAP前夜祭 駐車場MAPを掲載
09/16 大会要項を掲載 ※エントリーは締め切りました(締切10/18

大会実施要項(PDF)

INFORMATIONS

10/29更新:公道の走行について(試走時など)

昨年もお願いしましたが、JBCF加盟登録のチーム、選手は、JCFサイトに掲出されている「公道上における安全走行」を読み、未登録レーサーの模範となる行動をお願いいたします。
■JCFサイト内
公道上における安全走行について

10/21更新:前夜祭 時間変更のお知らせ

前夜祭の時間が変更致しましたので、お知らせ致します。

「変更前時間」
17:00~18:00

変更後時間
17:30~20:00
そのうち、上位10チームによるチームプレゼンテーションは、
18:00~19:00となります。
最終戦によるチームの意気込みを是非ご覧ください。
たくさんのご来場お待ちしております。

REPORTS

Jプロツアー(JPT)

Team UKYO破竹の5連勝 畑中勇介が大分ロードを制する

Jプロツアー第23戦
『第2回JBCFおおいたサイクルロードレース』

日付 2015年10月31日(土)
会場 大分県大分市 大分スポーツ公園 大銀ドーム周辺
距離 P1:4kmx25周=100km

 今年で2回目となるOITAサイクルフェス!!!2015は、10月30日夕方からの前夜祭で開幕。レース初日は10月31日、大分県大分スポーツ公園でのロードレース。コースは大銀ドーム周辺の園内道路等を使ったアップダウンのみで構成されるハードな1周4kmで、P1クラスタはここを25周する100kmで行なわれた。

 レースは厳しいコースと強い風の影響もあり、常に逃げができる展開。10周目に16人が先行、これに後続から合流と先頭からのアタックを繰り返し20周目には5人の先頭集団ができる。メンバーは増田成幸と鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)、畑中勇介(Team UKYO)、ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)、木村圭佑(シマノレーシング)。

この中からトリビオ、増田、木村が交互にアタックしスプリント力のある畑中を振り切ろうとするが畑中も粘る。この5人は最終ストレートまで崩れず、スプリント勝負を畑中が制し前週の美浜クリテリウムに続いて2連勝。チームは9月の経済産業大臣旗杯ロードからじつに5連勝と圧倒する。

結果
P1クラスタ 100km
1位 畑中勇介(Team UKYO)2時間22分00秒
2位 ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
3位 木村圭佑(シマノレーシング)
4位 鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)+01秒
5位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+15秒
6位 リカルド・ガルシア(KINAN Cycling Team)+1分11秒

Jプロツアーリーダー 畑中勇介(Team UKYO)
U23リーダー 新城雄大(那須ブラーゼン)

Jフェミニンツアー(JFT)

結果
Fクラスタ 36km
1位 枝光美奈(VC Fukuoka)1時間02分36秒
2位 棟近陽子(BH ASTIFO)+11秒
3位 那須萌美(チームヤーボー)+1分49秒

Jフェミニンリーダー 伊藤杏菜(Champion System Japan)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

VIDEOS

PHOTO ALBUM