第7回 JBCF 輪島ロードレース

  • 2014年10月12日
  • 石川県輪島市
  • ロードレース/公道
  • 1周/12.6km
  • JPT AA : 88.6km /
  • JET B : 50.8km /
  • JET C : 38.2km /
  • JET D : 38.2km /
  • JFT : 25.6km /
  • JPT18
  • JET27
  • JFT26
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC

SUMMARY

11/08 ダイジェスト動画(完成版)を公開
10/14 ダイジェスト動画(簡易版)を公開
10/13 大会レポートと写真を掲載
10/12 リザルトを掲載
10/10 コミュニケ2を掲載
10/09 臨時駐車場を掲載
10/08 お知らせ JPT優先駐車について記載
10/08 お知らせ 「2015年JBCF J-TOURの概要発表」について記載
10/08 会場案内図1会場案内図2を掲載
10/07 Ustream配信のURLを掲載
10/07 コースMAPを掲載
10/07 レーサーリストを更新
10/03 コミュニケ1を掲載
09/29 レーサーリストを掲載
09/26 お知らせ 「ランバイク イベント」について記載
09/17 大会実施要項を掲載し、エントリーを開始

大会実施要項(PDF)

INFORMATIONS

10/8更新:JPT優先駐車について

(1)「会場案内図1」の左下記載の「選手駐車場」にて上位7チームの駐車を許可する。
上記以外のチームはその他駐車場を利用の事。
(2)駐車場での並び順は「会場案内図2」を参照の事。
(3)3m×13m(大型バス程度)
(4)JBCFの駐車券をA4で出力し、フロントガラスの内側に掲示すること。なお、駐車券をお持ちで無いチームは事務局事業部(race@jbcf.or.jp)までお問い合わせ下さい。

10/8更新:2015年JBCF J-TOURの概要発表

輪島ロードレース大会の監督会議において「2015年JBCF J-TOURの概要」を発表します。
尚、当日はインターネットにて配信する予定です。

9/26更新:ランバイク イベントについて

「第1回JBCFランバイクin禅の里」を開催します。
未就学児童対象のイベントです。
開催地の意向を尊重し是非参加協力をお願いします。

ランバイク 実施要項(PDF)

REPORTS

Jプロツアー(JPT)

アイラン・フェルナンデスが逃げ切り 3勝目のマトリックスパワータグ

 Jプロツアー第18戦
 『第7回JBCF輪島ロードレース』

日付 2014年10月12日
会場 石川県輪島市門前町周辺
距離 P1:12.6kmx7周+0.4km=88.6km

今年は好天に恵まれた輪島大会。1周目から逃げ続けた先頭集団がそのまま逃げ切り、アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が3人のスプリントを制し優勝。

輪島のコースは大きな上りが2箇所ある周回をこなすもの。登坂力のあることが優勝するための基本条件。レースレイティングもAAと2番目に高く、僅差で繰り広げられる年間総合成績の個人とチームの両方に大きく影響するレース。

昨年大会は悪天候で中止となり2年ぶりの開催となった今年。前日に行なわれたアトラクションや交流会、そしてレース当日もコース沿いにたくさんの観客が。P1クラスタは午前11時50分にスタート、総持寺祖院門前などをパレード走行した集団は周回コースへ。

1周目後半の下りで佐野淳哉(那須ブラーゼン)が抜け出し、ここにフェルナンデス、そして木村圭佑(シマノレーシング)が合流、2周目前半の上りで森本誠(イナーメ信濃山形)が追いつき4人の逃げに。その後に佐野が脱落し先頭は3人に。

メイン集団はJプロツアー個人総合リーダーを抱えるチーム右京が主導、チーム総合トップの宇都宮ブリッツェンとの間でペースアップと牽制を繰り返す。先頭とのタイム差は20秒ほどに縮まる場面もあったが追いつくことなく、ラスト1周の時点でその差は1分40秒で、逃げ切りの可能性が高まる。

3人でのゴールスプリントをスピードに定評のあるフェルナンデスが制し、マトリックスパワータグは今シーズンJプロツアー3勝目を挙げた。年間個人総合リーダーとチーム総合トップは変わらず残り3戦へ向かう。

結果
P1クラスタ 88.6km
1位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)2時間37分41秒 
2位 木村圭佑(シマノレーシング)
3位 森本誠(イナーメ信濃山形)
4位 ベンジャミン・プラデス(マトリックスパワータグ)+41秒
5位 入部正太朗(シマノレーシング)+53秒
6位 エドワード・プラデス(マトリックスパワータグ)

Jプロツアーリーダー ホセ・ビセンテ(TeamUKYO)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

Jフェミニンツアー(JFT)

25.6km
1位 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)55分49秒
2位 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)
3位 高田由貴(ZIPPY CYCLE CLUB)

Jフェミニンツアーリーダー 棟近陽子(EURO-WORKS Racing)

写真・文:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟

VIDEOS

PHOTO ALBUM