第1回 JBCF 宇都宮クリテリウム

  • 2014年3月23日
  • 栃木県宇都宮市清原工業団地内
  • クリテリウム/公道
  • 2.7km/1周
  • JPT A : 67.5km /
  • JET B : 43.2km /
  • JET C : 32.4km /
  • JET D : 29.7km /
  • JFT : 24.3km /
  • JPT1
  • JET1
  • JFT1
  • JYT 
  • JHC 
  • JPT AAAA
  • JPT AAA
  • JPT AA
  • JPT A
  • JPT OPEN
  • JET B
  • JET C
  • JET D
  • JFT F
  • JYT Y
  • JHC
  • JCS

REPORTS

Jプロツアー(JPT)

初開催宇都宮での開幕戦はマトリックスのセバスチャン・モラが制する

2014年度のJプロツアーが初開催の宇都宮市清原工業団地でのクリテリウムで幕を開けた。宇都宮市ではジャパンカップ本戦と同クリテリウムに続く3戦目の公道レースとして、サイクルスポーツマネージメント株式会社との共催で行われた。同社は宇都宮ブリッツェンの運営会社であり、史上初めて地域のチームがJプロツアーを共催することとなった。これはJBCFが構想する、全国各地のチームがレースを主催していくことの最初のケースに相当する。

メイン会場では各種イベント、エンターテインメントや飲食の出店があり、Pクラスタ序盤時点での集計観客数は7100人と多くの観客で賑わった。レースコースは工業団地内公道の平坦な1周2.7kmで、Pクラスタは25周する67.5kmで行われた。スプリントポイント5万円を4回、優勝者へ30万円の賞金も設定された。

Pクラスタは13時ちょうどに佐藤栄一宇都宮市長の号砲でスタート。1周目で5人の逃げができる。現・全日本TTチャンピオンの大場政登志(CROPS×championsystem)と阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)らを含む逃げは強力だったが、逃げに乗せていないマトリックスパワータグがこれを追走し30分経過時点で吸収、振り出しに。その後は散発的なアタックが常時かかるが決まらず終盤へ。

ラスト2周での佐野淳哉(那須ブラーゼン)のアタックが吸収されていよいよ各チームが隊列を組んでゴールスプリントへ。最終周回は落車もあり各チームの隊列が乱れる。その中でマトリックスパワータグとイナーメ信濃山形の隊列がまとまってゴールへ。ここでセバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)と皿屋豊(イナーメ信濃山形)が抜け出しモラが先着、見事開幕戦勝利。2位皿屋との差は写真判定に持ち込まれるほどの僅差だった。5周に1回のポイント賞は、窪木一茂(TeamUKYO)が2回、小室雅成(ロヂャースレーシングチーム)とセバスチャン・モラが1回ずつ獲得した。

結果 P1 67.5km

1位 セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)1時間26分16秒
2位 皿屋豊(イナーメ信濃山形)
3位 窪木一茂(TeamUKYO)
4位 鈴木真理(宇都宮ブリッツェン)
5位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形)
6位 大久保陣(宇都宮ブリッツェン)

Jプロツアーリーダー セバスチャン・モラ(マトリックスパワータグ)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

Jフェミニンツアー(JFT)

結果 F 24.3km

1位 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)90点
2位 針谷千沙子(Live GARDEN BICI STELLE)63点
3位 高山真由子(竹芝サイクルレーシング)59点

Jフェミニンリーダー 智野真央(NEILPRYDE-MENS CLUB JFT)

VIDEOS

PHOTO ALBUM