組織沿革・概要

公益財団法人日本自転車競技連盟(以下「JCF」)構成団体である全日本実業団自転車競技連盟は2011年1月1日を以て、それまでの任意団体より「一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟(以下「JBCF」)」として発足致しました。今後もJCF構成団体としてJBCFは公式大会の運営、その他未登録者対象の大会運営も行います。

JBCF設立に際し、理事長に斧隆夫(旧全日本実業団自転車競技連盟理事長、元パナソニックサイクルテック株式会社特命担当総括顧問)、副理事長に清水弘裕(株式会社パールイズミ代表取締役社長)、理事に小黒一弘(旧全日本実業団自転車競技連盟理事・事務局長、株式会社アール・アンド・アイ代表取締役社長)、理事に吉川章(旧全日本実業団自転車競技連盟理事、株式会社日東代表取締役社長)、監事に佐々木壽(旧全日本実業団自転車競技連盟監事、元愛三工業株式会社)が就任いたしました。

またJBCFは旧全日本実業団自転車競技連盟の業務を引き継ぎ、317チーム、2,912名(2016年12月末現在)の選手を抱え、日本最高峰年間ツアー制度であるJBCF Road Series(旧Jツアー)、JBCF Track Seriesの主催およびランキング管理、JFCヒルクライムシリーズなど、年間40を超えるレース運営等を行いますが、今後はさらなる登録者数の増加、競技内容の向上を図り、自転車競技界の発展に努め、魅力ある連盟を目指します。

JBCF 組織概要
法人名 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟
英文(Japan Bicyclist Club Federation):略称(JBCF)
正会員 (株) シマノ、ブリヂストンサイクル (株)、パナソニックサイクルテック (株)、
(株) パールイズミ、(株) 日東、(株) シルベスト、高村製作所、(一社) 自転車協会、
(株) アール・アンド・アイ、サイクルスポーツメネージメント(株) 以上10団体
設立日 平成23年1月1日(登記は平成22年10月14日)
所在地 東京都品川区上大崎3-3-1 自転車総合ビル5階(平成25年12月16日より)
事業内容 主に、サイクルスポーツのチームクラブの認定・登録、競技大会の開催、指導・審判員の養成及び認定、普及指導及び振興
代表者 斧 隆夫
理事
理事長
斧 隆夫
副理事長
清水 弘裕
理事
小黒 一弘
理事
吉川章
理事
奥田悦司
理事
鈴木光弘
業務執行理事
廣瀬佳正
監事 佐々木 壽
登録数 317チーム、2,912名(2016年度12月末現在)
事業数 登録者ロード46大会、トラック3大会、未登録者7大会(2017年予定)
その他